地域福祉活動計画について

地域福祉とは

 地域において誰もが安心して暮らせるよう地域住民や公私の社会福祉関係者がお互いに協力して地域社会の福祉課題の解決に取り組む考え方です。  行政によるサービス「公助」に加え、「住民参加」の理念による公私協働の「共助」、地域住民相互の支え合いである「互助」の取り組みが重要視されています。

 

地域福祉活動計画とは

 社会福祉法第107条を根拠として、君津市は「君津市地域福祉計画」を平成20年度に策定しました。この計画は行政計画として君津市における地域福祉の推進の理念を示した基本計画となっています。これに対して地域福祉活動計画は、地域福祉について地域住民自らが作り上げる行動計画という位置づけとなっています。
 第二次君津市地域福祉計画・地域福祉活動計画は、これまで、君津市の策定した「君津市地域福祉計画」と、君津市社会福祉協議会の策定した「君津市地域福祉活動計画」の2つの計画で相互に連携を取りつつ地域福祉の推進を図ってきたところを、今まで以上により積極的に地域福祉の推進を図るため、両計画を一体的に策定したものです。
 「君津市地域福祉計画」の地域福祉を推進する上での基本的な方向性・理念を明らかにし、行政計画として地域福祉を総合的かつ計画的に推進する目的と、「君津市地域福祉活動計画」の具体的な活動目標等について明らかにし、地域住民の地域福祉への参加意識の高揚を図り、住民や地域の諸団体の参加や協力、協働などによる多様な福祉活動や福祉サービスの推進を図る目的を併せ持った計画となります。